パスケースの作り方 ~初心者向けレザークラフト~

こんにちは!KENJIです。

今回はシンプルなパスケースの作り方のご紹介です。
ご紹介するパスケースを基にお好みでアレンジしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

型紙作成

まず最初は型紙作成です。

写真左上は本体になり、左右対称に2枚切り出します。
写真右上はDカン留めです。丸カンでもいいと思いますし、無くてもOKです。

型紙のサイズもミリ単位で記載してありますので、参考にしてください。

けがく&裁断

次に目打ちでけがいていきます。革の厚みは1.0mmくらいがベストだと思います。

けがき終わったら裁断です。

裁断ですが、円型部分は布包丁やカッターでは裁断が難しいと思います。

ですので、この場合はサークルカッターなどを使うか号数の大きいハトメ抜きで裁断していきます。私はサークルカッターを使用しています。

Dカンはこんな感じにボンドエース等で接着させておきます。

裁断が完了したら、それぞれのパーツのコバ及びトコ面の処理を行っていきます。

接着するところのコバ処理は、接着後にまとめて処理していきます。

穴開け&縫う

接着やコバ&トコ面処理が終わったら、縫い穴を開けていきます。

今回は3mmピッチのヒシ目打ちを使用しました。恥ずかしい事に若干曲がっております…笑いや、良いんです。ハンドメイドの良さでもありますし、愛着が沸くってもんですよ。

縫い穴を開け終わったら、縫いっていくのみです。今回はエスコードの細を使用しました。

完成

縫い終わったら完成です。

手順は簡単ですので、気になった方は一度作ってみてはいかがでしょうか?

以上、パスケースの作り方でした!


スポンサーリンク

コメントを残す