最強無添加スパイスはこれだ!!健康志向のそこのアナタ、必見です。

CAMP飯
スポンサーリンク
ボン
ボン

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

タイトルやサムネに吊られてしまった方、早目の離脱をおすすめします。笑

村人A
村人A

は?そんな内容?

と、怒られそうなので。笑

では、本題に入りましょう!

キャンプの際、スパイスは必需品って言うくらい皆持参しているんじゃないでしょうか?

色々なスパイスが入っていて美味しいですからね~。

スパイスソルトの種類も日に日に増えていき、何買ったらいいのか迷っちゃうレベルです。

私的には、皆大好き”ほりにし”が一番好きです。

ただ、たまにハーブとかの香辛料利きすぎてて、肉食べてるのかスパイス食べてるのか分かんなくなっちゃう事ありません?

結局、最終的にはシンプルな塩コショウが美味しく感じてしまう的な。

あまりないですかね?笑

ちなみに、お手持ちのスパイスの原材料を見てみましょう。

ほとんどのスパイスには添加物が含まれていると思います

「/」から後ろが添加物ですよ。

アミノ酸とかリン酸Caとか入っている事が多いと思います。

まぁ、これくらい全然許容範囲内なんですけどね。

ただ、どうせなら無添加のシンプルなスパイスでもないかなと探し始めたわけですが、、、

結局、探すより作った方が早いしコスパも良いんじゃ?

という事で、自作する事にしました。

つまり、最強無添加スパイスは自作です!!

怒られそうですね。笑

スミマセン、、。

ただ、ニンニク&しょうがジャンキーの方には間違いなくヒットするスパイスになってくれると思います。

是非、参考になる部分は盗んでいっていただければと思います。

こんな方にオススメの内容
  • スパイスソルト好き
  • 健康志向
  • ニンニク&しょうがジャンキー

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

スパイスソルトを作るにあたって

スパイスソルトを作るにあたって、2点基準を設けました。

ボン基準
  1. スパイスは少なくシンプルである事
  2. 無添加である事

この2点を基準にスパイスを考える事に。

参考までに、ほりにしの原材料見てみると、20種類以上の材料がブレンドされてます。

改めてちゃんと見ると凄いな。笑

でも、私はシンプルを求めてるんですよ、シンプルを!!

私の舌はそんな繊細じゃありませんからね。

という事で、シンプルにとにかく好きなスパイスを3個選択していきます。

ボンセレクトの選ばれしスパイスたち

1つ目のスパイスは、、、

ボン
ボン

やっぱりコイツは外せない。

ブラックペッパー

ブラックペッパーはやっぱり外せない。

その辺のスーパーで購入したあらびきのヤツを使用していきます。

2つ目のスパイスは、、、

ボン
ボン

コイツを入れときゃ大抵旨い。

ガーリックパウダー

私、ニンニクジャンキーなので。

仮に、レシピに”ニンニク1片”ってかいてあったら、1玉?1房?は使うレベルの狂ったニンニクジャンキーです。

どんな料理にもニンニク入れておけば大抵旨いと思ってしまうくらい、脳を侵食されております。

ちなみに、500gのガーリックパウダーを購入したら、想像の数倍の量届きました。笑

また、ガーリックパウダーってスーパーでも手軽に購入できますが、意外と添加物入りだったりするので、無添加パウダーを取り寄せてました。

3つ目のスパイスは、、、

ボン
ボン

ちょっと変わり種。

ジンジャーパウダー

最後は、ちょっと変わり種のジンジャーパウダーです。

結局、ニンニクとしょうが入れておけば、皆大好きジャンキー料理になると思いません?

多少偏った考えなのは分かります。

ただ、案外共感していただける方も多いんじゃないかと信じてます。

ジンジャーパウダーについては、スーパーでも見たこと無かったので、有無を言わさず通販です。

こちらも、500gで購入したので、安定の衝撃です。笑

ブレンド

厳選したスパイスたち。

ここからは、ブレンドしていきましょう!

ブレンドの基本は、塩1:スパイス類1らしいです。

ただ、そんな細かい事気にせず、自分好みにしていきたいと思います。

食材には、低温調理豚肩チャーシューで試していきます。

まずは、全部同量でブレンドしてみました。

ボン
ボン

お?

ボン
ボン

普通に旨いぞ!

もっとガーリック感が欲しい気もする…。

試しに、ガーリックの量を多くしてみます。

ボン
ボン

これもまた、なかなか

もっとブラックペッパー感があってもいいようなないような…。

これはベスト探すのが案外難しい。笑

ただ、1点言える事は、ニンニク&しょうがジャンキーの方は間違いなく好きな味だと思います。

まだまだ検証回数が少ないので、色々な人の意見も聞きつつ、焼いた肉や魚等にも試してベストを見つけていきたいと思います。

ベストを探している最中ではありますが、適当にブレンドしても十分美味しく出来上がるのは確認できました。

追記:豚肉の下味に使用して焼いてみる

ボン
ボン

ん?

塩分が足らない…。

なるほど、ブレンドの基本は塩1:スパイス類1という話が顔を出してきました。

焼いたり、煮たりすると塩分が感じにくくなるんだろうか?

もしくは、熱を加えるとスパイスが際立つだろうか??

分からん…。

ただ、使い分けは必要かもしれません。

●そのままかけて使う場合 ☞ スパイス多め
●焼いたりする場合 ☞ 塩多め

試してみると色々な発見がありますね。

興味のある方は、色々と試してみて自分なりのベストを探してみてはいかがでしょうか?

シンプルなスパイスをベースに、好きなスパイスを加えてアレンジしてみるのも面白いと思いますよ。

まとめ

以上、最強無添加スパイスの紹介でした。

最強無添加スパイスまとめ
  • 最強スパイスは結局自作
  • ボン的にはブラックペッパー・ガーリックパウダー・ジンジャーパウダーが最強だと思っている
  • 自分好みの味にアレンジできるので、キャンプ飯がより楽しくなる

最強無添加スパイスは結局のところ自作という期待外れな結論には至りましたが、味の好みなんて人それぞれ。

万人受けするように作られたスパイスでは、マイベストを見つけ出すのは難しい。

少しハードルが高く感じるかもしれませんが、数の少ないスパイスをブレンドするだけでシンプルで自分好みのスパイスが出来上がります。

日々のキャンプ飯が楽しくなる事間違いなしなので、皆さんもオリジナルスパイスを作ってみてはいかがでしょうか?

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました