コンパクトテーブルを自作:ソロキャンプにおすすめ

CAMPギア
スポンサーリンク
ボン
ボン

どうも、ボンです

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

村人G
村人G

安くてコンパクトテーブルが欲しいYO

ボン
ボン

安いコンパクトテーブルってチープ過ぎるんだよね

村人G
村人G

作っちゃおうYO

ボン
ボン

いいね

作っちゃおう

という事で、本日はめちゃくちゃ簡単に作れるコンパクトローテーブルを作っていきたいと思います。

本当に簡単です!

道具が揃っていれば秒で作れます。笑

それでも、私としては結構お気に入りの出来なので、参考にしていただければと思います。

この記事はこんな方にオススメ
  • 安いコンパクトテーブルはチープ過ぎて好きじゃない
  • 簡単な自作テーブルにチャレンジしたい
  • 材料費は出来るだけ抑えたい

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

材料 & 道具紹介

材料
  • 板:2枚(作りたいテーブルのサイズ)※写真は15×45cm
  • 六角ボルトナット:4本(太さや長さはお好み)
  • 六角ナット:4個(ボルトナットと同じ規格)
  • 蝶ナット:4個(ボルトナットと同じ規格)
  • 留め金:1個(セリアのアーチ型留め金を使用)
  • 蝶番:2個
道具
  • インパクトドライバー
  • 塗料(色にこだわりがなければ、無くてもOK)

材料はどこのホームセンターでも購入可能だと思います。

安いもので集めれば、1,000円以内で購入可能な材料です。

では、作っていきましょう!

作成手順

ざっくりとした手順は下記の通りです。

手順
  1. 板の四隅に穴を開ける
  2. 板の裏面に蝶番を付ける
  3. 表面に留め金を付ける
  4. 六角ボルトナット、六角ナット、蝶ナットで脚を付ける

手順を見て分かっていただけると思いますが、超簡単です。

順番に見ていきましょう。

板の四隅に穴を開ける

まず最初に、板の四隅にインパクトドライバーのドリルで穴をあけていきます。

板に色入れたい場合は事前に塗装しておきます。

穴のサイズはボルトの太さと同じ or 若干大きいくらいの穴をあけていきます。

穴の位置はテーブルの脚の位置になります。

こんな感じです。

途中の写真撮ってなかったので、いきなり留め金とロゴが入ってちゃってますが気にしないでください。

板の裏面に蝶番を付ける

次に、裏側に蝶番を付けます。

蝶番は100円ショップなどでレトロなタイプを購入可能ですが少し貧弱なので、ホームセンター等で少し強度が高そうな物を選びましょう。

表面に留め金を付ける

次に、表側に留め金を付けます。

今回のテーブルには、セリアのアーチ型留め金を使用

ここまで来たらほぼ完成みたいなもんです。

六角ボルトナット、六角ナット、蝶ナットで脚を付ける

最後に、六角ボルトナット、六角ナット、蝶ナットを装着していくのみ。

こんな感じに、六角ナットと蝶ナットでサンドして固定する感じです。

はい、完成です!

当然、足は取り外せるので結構コンパクトになります。

非常に簡単でDIYと言えるレベルじゃないですが、市販のチープなコンパクトテーブルよりよっぽど良い雰囲気じゃないでしょうか

スポンサーリンク

使用感や雰囲気

実際の使用感ですが、今回の板のサイズだと30×45cmのローテーブルになるので、シェラカップであれば結構乗ります。

5個乗っけてもまだ余裕があるサイズ感ですね。

サイズに関しては、キャンプスタイルによると思いますので、自分の好きなサイズの板を選択すればベストなテーブルが出来上がると思いますよ。

今回のサイズが、私としてはベストなサイズ感ですね。

デメリット

デメリットとしては、アルミテーブル等と比較すると強度が劣る点でしょうか。

私の場合、重い物をガンガン乗せるわけでもないので十分な強度ですが、板の厚さによりますが重量しだいで破損する可能性はあります。

また、脚が外せるというメリット故に、部品がどこかへ行ってしまう事があります。

その点、多少注意が必要ですね。

まとめ

以上、めちゃくちゃ簡単に作れるコンパクトローテーブルの紹介でした。

ホント簡単に作れますので、ソロキャン好きで一般的なコンパクトテーブルに飽きてきた方、試してみてはいかがでしょうか?

インパクトドライバー持ちで、たまにDIYするような方でしたら秒で作れます。笑

ご参考になれば幸いです。

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました