おしゃれでおすすめなLEDライトの紹介!ベアボーンズビーコンライト

CAMPギア
スポンサーリンク
ボン
ボン

どうも、ボンです

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

本日は私も愛用しているおしゃれなLEDライトを紹介したいと思います。

その名も、ベアボーンズのビーコンライトです。

ベアボーンズのLEDライトといえば、知らない人もいないというくらいメジャーな製品ですよね。

私は基本的にオイルランプや灯油ランタンの雰囲気が好きなので、LEDライトはあまり好んで使っていなかったのですが、ベアボーンズのビーコンライトはスタメンギアの1つです。

そんなベアボーンズのビーコンライトの紹介と、気になっているベアボーンズのLEDライトもあわせて紹介していきたいと思います。

こんな方におすすめの記事
  • おしゃれなLEDライトを探していてる
  • ベアボーンズビーコンライトの評価を知りたい
  • ベアボーンズのライトに興味がある

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

ベアボーンズ ビーコンライトとは

基本スペック

サイズ/H15.2×W7.6cm
●防水性/IPX4(防沫形)
●付属品/2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)、充電用USBケーブル(内蔵)
●充電時間/4〜5時間 ●充電性能/(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
●使用電球/Cree社製LED球3W
●明るさ/30〜220ルーメン
●連続点灯時間/Lowパワー:200時間、Midパワー:5〜6時間、Hiパワー:3時間

サイズ

シェラカップとのサイズ比較はこんな感じです。

同じくらいのサイズ感で結構小さくてコンパクトです。

重量

計ったところ288gでした。

りんご1個あたり約300gらしいのでそんなもんです。

機能紹介

次に、機能について詳しく見ていきましょう。

スムーズな調光機能

まず最初は調光機能です。

上のパーツを回すと明るさを調節できるんですが、かなり細かく調整できます。

何段階調整できるのか数えてみましたが、途中で分からなくなりました。笑

この調光機能って結構便利です。

自分の好きな絶妙な明るさに調節できるLEDランプって少ないんですよ。

一般的なLEDランプは2~3段階調光が多い印象です。

明るさは?

村人B
村人B

で、結局のところ明るさはどうなの?

ってところが気になるポイントですよね。

MAXの明るさは220ルーメンです。

村人E
村人E

ルーメンって言われても分からないよ!

という方のために、あの有名なLEDライトゴールゼロと比較してみましょう。

ゴールゼロがMAX150ルーメンなのでビーコンライトは約1.5倍の明るさになります。

MAXの220ルーメンは、ソロであればサイトの雰囲気壊すくらい明るいです。

つまり、ソロであればメインランタンとして十分な明るさを期待できると思って問題ありません。

最低限困らない明るさ&夜の雰囲気を楽しむ明るさであれば、私の場合は中程度の設定で丁度いいくらいです。

ただし、夜でも明るい方が好きという方には少し物足りないかもしれません。

また、ファミキャンやグルキャンでのメインランタンとしては心許ないので、サブランタンとしてのご使用がベターかと思います。

上部のカラビナが便利

これは便利ですね。

色々なところに吊るせますし、バックパックの外側に装着出来たりするので、非常に便利です。

ルーマニア軍のバックパックに装着すると、なかなかカッコいい。

充電機能

充電は本体にUSBケーブルが付いているので、これで充電していきます。

ただ、このUSBケーブルが思いのほか短いのは残念ポイント。

内臓なのは嬉しいですが、後付けで良かったような…?

充電時間は4~5時間かかります。

フル充電でLow:200時間Mid:5〜6時間Hi:3時間となってます。

これを見るとちょっと充電もちが不安、って方もいるかと思いますが、まずHiでフル使用する方は少数派かと思いますし、私の場合は中の下くらいの明るさで十分なので2泊はもちます

ソロなら十分でしょう。

また、電池残量は青いランプで確認ができます。

残量が容易に確認できるのは有難いですね。

スポンサーリンク

使用感

ここからは実際の使用感をご紹介。

光の感じが素敵

まず、この光の感じ良いですよね~。

波紋のような花びらのような、案外好みが分かれるところらしいんですが、私は好きです。

また、電球色なのも高ポイント

LEDライトで電球色を謳ってても「意外と白くね?」って事があり雰囲気を壊してしまうこともしばしば。

その点、ビーコンライトはかなり温かみのある光で良い感じを演出してくれます。

ランプシェードでグレードアップ

また、ランプシェードなんかを付けてアップグレードしてもいいでしょう。

こちらはレザーで作った自作シェードです。

円形にレザーを切って、ボタンを付けただけという簡単な作りです。

興味ある方は参考にしてみてください。

昼・夜の印象

昼の印象ですが、サイトの雰囲気にマッチしてる感じがいいですね。

また、カラビナが良い仕事してくれます。

カラビナのお陰で色々なところに配置できるので、非常に便利です。

次に夜の印象ですが、良い雰囲気ですね~。

携帯カメラでの写真なので、良さが伝わり辛いのが残念ですが、十分な明るさなのは伝わるでしょうか?

この写真で中の下~中の中くらいの明るさ設定です。

明るすぎると焚き火の雰囲気が壊れてしまうので、絶妙な調光が出来るのは本当に有難いポイントです。

ベアボーンズの気になっているLED

最後に、ビーコンライト以外の気になっているLEDライトを紹介していきたいと思います。

ベアボーンズ、いちいちおしゃれです。笑

レイルロードランタンLED

出典:barebonesliving公式

まず最初は、北米鉄道会社で使われてきたレイルロードランタンを模したランプです。

カッコ良すぎますよね、これ。

出典:barebonesliving公式

当然カッコいい本物のヴィンテージレイルロードランタンの雰囲気をそのままにLED化。

素敵です。

カラーはアンティークブロンズ、オリーブドラブ、スレートグレー3色展開。

どれもカッコいいです。

明るさはMAX200ルーメンと、ビーコンライトよりも若干低いのが以外なポイントです。

ミニエジソンランタンLED

出典:barebonesliving公式

エジソン球タイプのLEDを採用したアンティーク調仕上げのランタンです。

こちらも、カッコいいですね~。

ビーコンライト( H15.2×W7.6cm )よりも小さく、サイズはH10.8×W11.4cmです。

シェードの分、少し横幅がありますがコンパクトです。

また、明るさはMAX100ルーメンなので、ビーコンライトの半分以下の明るさです。

ゆえに、テーブルランタンやサブランタンとして使用するのがおすすめです。

カラーは、アンティークブロンズ、オリーブドラブ、スレートグレーに加え、レッド、カッパーの5色展開です。

コンパクトでおしゃれなサブランタンをお探しの方に最適なランタンでしょう。

エジソン ペンダントライトLED

出典:barebonesliving公式

こちらは充電式ではなく、USBバッテリーなどのUSB電源で使用が可能なペンダントライトです。

USB電源が別途必要になる点は面倒ですが、タープ下に垂らして垂らした日には…最高なおしゃれ空間に。

明るさはMAX100ルーメンなので、ミニエジソンランタンLEDと同じ明るさです。

カラーは、レッド、カッパー、アンティークブロンズの3色展開です。

こちらも、使い方次第で素敵な空間が演出できる素敵なランプですよ。

まとめ

以上、ベアボーンズのビーコンライトの紹介でした。

ベアボーンズビーコンライトまとめ
  • おしゃれでコンパクトなLEDランタン
  • 小型でもソロでメインをはれるランタン
  • 調光機能が便利で自分の好きな明るさに調節可能
  • 光の感じが綺麗で、電球色&温かみのあるランタン

やっぱりLEDって楽ですよね。

極力は電気には頼りたくないんですが…残念な事に楽には勝てなくなってきました。笑

とはいえ、LEDもおしゃれなものも増えてきたので捨てたもんじゃないですよね。

ビーコンランプは勿論の事、ベアボーンズのランプは全部おしゃれなので、サイズや使う場面を想定した上で購入すれば何買っても間違いはないと思います。

購入を検討されている方の参考になれば幸いです!

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました