【ボンの簡単キャンプ飯】~スパイスから作るチキンカレー~

CAMP飯

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

手間を惜しまず時間をかけて美味しい料理を作る事は当たり前。

でも、キャンプの時の料理って面倒。

という事で、私のスタンスはとにかく簡単で“それなり”の料理がモットー。

とことん工程を減らしそれなりの料理を目指してアップしていきたいと思います。

今回はパイスから作るチキンカレーのご紹介していきます。

こんな方にオススメの内容
  • 料理は基本簡単じゃないと無理!
  • カレー大好き
  • 大好きだけど家庭のカレーじゃ物足りない

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

材料

材料はたったの5種類

  • 鶏もも肉 
  • トマト缶
  • 玉ねぎソテー
  • オリジナルスパイス
  • 塩コショウ

 ※あればハチミツや砂糖などの甘み成分。無くてもOK。

玉ねぎソテーとオリジナルスパイスについては現地での準備は面倒なので家で準備してきましょう。

作り方については別の記事で詳しく書いてるので、そちらを参考にしてください。

オリジナルスパイスは4種類のスパイスを混ぜるだけ。

玉ねぎソテーは玉ねぎを炒めるだけ。

非常に簡単なので、参考にしてみてください。

とはいったものの!

スパイスも玉ねぎソテーも面倒だよ!

って方、分かります。

ですので、スパイスはスーパーで売ってるカレー粉で問題ないですし、玉ねぎソテーも無くたって問題なく美味しく作れますので、適当にやっていきましょう!

手順

鶏もも肉を焼く

まずは鶏もも肉を焼いていきます

ちなみに、次の工程と前後しても全然OK

軽く塩コショウを振って焼いていきます。

中まで火が通らなくてOK。

皮面をパリっと焼いて、香ばしさがプラスされればOKです。

鶏皮ってブヨブヨだと嫌いですが、香ばしく焼くとマジ旨い。

ちなみに、五徳は大好きなサンゾクマウンテンのデルタスを使っていきます。

おすすめの焚き火テーブルなのでこちらも紹介記事貼っておきます。

両面パリっとしてきたら一旦避難しておきます。

旨そ~~!!

カレーのルー作り

次にカレーのルーを作っていきます。

鍋に玉ねぎソテートマト缶を入れていきます。

玉ねぎソテーは生の玉ねぎを現地で炒めても良いんですが、時間が掛かって面倒なので事前に準備しておいた方がいいです。

無ければそれはそれでOK!笑

このトマト缶カルディのですが、安いし濃いし良いですよね~。

で、鍋に投入したらグツグツ煮て水分を飛ばしていきます。

ある程度煮込んで水分を飛ばしたら、オリジナルスパイスを入れていきます。

こちらもスーパーで売ってるカレー粉とかでも全然OK!

量は…適当で大丈夫です。笑

少なければ後で足せばいいし、多くても大抵美味しく仕上がります。

とりあえず今回はダイソーの35mlボトルの半分くらい入れました。

スパイスを入れたら混ぜておきましょう。

鶏肉を投入

次に避難しておいた鶏肉を投入していきます。

一口大に切ってから投入しましょう。

強いて言うならこの工程は若干面倒ですね。

焼き目を付けずに入れちゃっても問題ないですが、皮面のブヨブヨ感とか香ばしさをプラスしてくれたりとか考えると出来ればやって欲しい工程です。

ルーとよく混ぜ合わせ、水を少し加えます。

調味

最終段階、調味していきます。

まずは塩コショウで味を調えます。

最後に、あればハチミツなんかを入れても甘み&コクが増します。

無くても全然OKです。

軽く煮込んで鶏肉に火が通ったら完成です!

いや~簡単ですね。

それにしても、外で食べるカレーってなんでこんなに旨いんだろうか。

まとめ

以上、スパイスから作るチキンカレーの紹介でした。

手順まとめ
  1. 鶏もも肉を焼く
  2. 玉ねぎソテーとトマト缶を煮込む
  3. スパイスを加えて鶏もも肉を投入
  4. 水を入れて塩コショウで味を調える
  5. 軽く煮込んで完成

市販のルーでカレーを作る事が多い方に是非試していただきたい!

こんな簡単でも結構本格的な味になります。

色んなスパイスをガンガン入れれば良い!ってわけでもないんでしょうね。

いつものカレーに飽きちゃった方、是非参考にしてみてください。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました