エビのアヒージョからのオイルパスタ【ボンの簡単キャンプ飯】

CAMP飯
スポンサーリンク
ボン
ボン

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

手間を惜しまず時間をかけて美味しい料理を作る事は当たり前。

でも、キャンプの時の料理って面倒。

という事で、私のスタンスはとにかく簡単で“それなり”の料理がモットー。

とことん工程を減らし”それなり”の料理を目指してアップしていきたいと思います。

今回はエビのアヒージョからのオイルパスタのご紹介していきます。

こんな方にオススメの内容
  • 料理は基本簡単じゃないと無理!
  • アヒージョ好き
  • オイルパスタ好き

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

材料

材料はたったの7種類前後(野菜の種類による)

  • エビ
  • ニンニク
  • 好きな野菜(今回はプチトマトと新じゃがを準備)
  • パスタ
  • チーズ(無くてもOK)
  • オリーブオイル
  • 塩コショウ

今回もスキレットを使って調理していきます。

手順

エビのアヒージョ

まずは、ニンニクを粗みじん切りにしていきます。

切り方は多少大きいくらいがベスト

ニンニク入れれば入れるだけ旨いので、好きなだけ入れちゃいましょう。

次にお好みの野菜をカット。

今回は新じゃがが安かったのでコイツに決めました。

アスパラマッシュルームなんかもいいでしょうね。

プチトマトはカットせず、ヘタだけ取って入れていきます。

次に、エビを入れていきます。

そしたらオリーブオイルを入れていきます。

ここまで来たら、具材が柔らかくなるまで煮込んで調味していくだけです。

では、火にかけていきましょう。

ニンニクの良い香りが…

香りだけでお酒が飲めます。

材料が柔らかくなってきたら、塩コショウで味付け。

次に、あればで結構ですが彩りでパセリを。

ぶっちゃけ全然無くていいです。

完成です。

うまそ~!

隣で鶏肉焼いているのは気にせずに。。。

じゃ、食べちゃいましょう。

ちなみに、食べる際パスタのトッピング用エビやトマトを少しだけ取り分けておいてください。

食べちゃってもいいですけどね。笑

それでも十分美味しいので。

スポンサーリンク

残った油でオイルパスタ

次に残った油でオイルパスタを作っていきます。

残った油にを入れていきます。

火にかけて沸騰させていきます。

次にパスタを入れていきます。

家でもオイルパスタ系はこの方法で作ると、簡単にオイルが乳化するのでおすすめです。

パスタは水に浸しておくと、茹で時間の短縮パスタがもっちりしたりするので便利です。

取り分けておいた具材たちも入れていきます。

麺が茹ってきたら、チーズを入れていきます。

これは無くてもOK。

塩コショウで味を調整し、あればパセリを振りかけて完成。

完成です。

これお店レベルのパスタですよ!

外で食べてるからかな?

いや、普通に旨いな。

ご馳走様でした。

スポンサーリンク

まとめ

以上、エビのアヒージョからのオイルパスタの紹介でした。

手順まとめ
  1. ニンニクを粗みじん
  2. 野菜類をカット
  3. スキレットなどに材料&オリーブオイルを投入
  4. 塩コショウで味を調整し、アヒージョ完成
  5. アヒージョを食べつつ、次のパスタ用に材料を避難
  6. 残った油に水を入れ、沸騰させてパスタを投入
  7. 避難した材料を戻し、チーズを入れる(チーズは無くてもOK)
  8. 塩コショウで味を調整し、オイルパスタ完成

アヒージョからのパスタコンボは非常に便利です。

キャンプでアヒージョ作る方多いと思うんですが、オイル残りません?

バケットやパンと一緒に食べても、結構残ると思うんですよね。

そんな時は、オイルパスタにして残らずたいらげましょう。

基本的には、残ったオイルに水入れて沸騰させてパスタいれたら完成です。

簡単でも”それなり”に美味しいので、是非お試しください。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました