基本的なタープの設営方法:簡単シンプルに!オーソドックスな建て方です

CAMPスキル
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

本日は、今更ながら基本的なタープの設営方法を紹介していきたいと思います。

ビギナーの方だと、タープの設営が鬼門過ぎですよね。

設営完了できずにパタパタさせている風景を良く見ます。

ボン
ボン

タープの建て方わかんなくね?

帰って寝よ

結果、こうなります。

色々な建て方や簡単な設営方法を紹介している方がたくさんいるので今更感がありますが、一応私の場合の設営方法を紹介。

こんな方におすすめの記事
  • 基本的なタープの設営方法を知りたい
  • 簡単なタープの設営方法を知りたい
  • とりあえずタープが設営出来ればOK

ちなみに、ロープワークを覚えておくと便利なので、こちらも是非。

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

ざっくり手順まとめ

この手順を覚えておけば、とりあえず設営は出来ます。

文面だと分かり辛いので、下の図と合わせて見ていただければと。

  1. タープを広げる
  2. メインポールを対角線上に真っすぐに置く
  3. ポールに対して30~45℃くらいのところに4か所ペグダウン
  4. ロープを緩めに配置
  5. ポールを立ち上げてロープにテンションをかける

なんとなく分かりますかね?笑

良く見るのが、ポール立ち上げてからロープとペグダウンを同時にやっている方を見かけますが、それでは一人では設営できません。

ポール立ち上げは最後です。

上記の配置でペグダウンとロープのセッティングを完了させてから、ポールを立ち上げましょう。

とにかく頭に入れる事は、、、

①ポールに対して30~45℃くらいの位置にペグダウンする!
②ロープをセッティングしてポールを立ち上げる!

この2点のみです。

実演

絵はスクエアタープですが、ムササビウィングで設営していきす。

基本的な設営方法は変わりませんので、形状は気にせずいきましょう!

1.タープを広げる

2.メインポールを対角線上に真っすぐに置く

3.ポールに対して30~45℃くらいのところに4か所ペグダウン

この辺ですかね~

アバウトで大丈夫ですよ。

地面に対して、斜めにペグダウンしましょう。

4.ロープを緩めに配置

立ち上げた際ピンピンにならないよう、少し緩めにして先端をペグに引っ掛けましょう。

また、強風の時にタープが抜けてしまうと危ないので、順番は、、、

ポール ⇒ タープ ⇒ ロープ

です。

タープポールとロープでサンドして固定しましょう。

ちなみに、ロープの長さはざっくりポールの長さの1.5倍以上で準備しておきましょう。

今回使用しているハイランダーのウッドポールは240cmですが、基本的に240~260cmのポールが多いと思います。

故に、260cm×1.5=390cmなので約4mあれば問題ないでしょう。

1本のロープを二股にする場合は、倍の8m以上あれば安心です。

短いとアウトですが、長い分にはどうにでもなるので、少し長さに余裕をもって準備しておきましょう。

5.ポールを立ち上げてロープにテンションをかける

1人だと立ち上げ風景が写真で撮れず…。

とりあえず4番まで完了したら、ポールを建てながら自在でロープにテンションをかけてピンピンに張っていくだけです。

両サイドたちあげたら、もう完成みたいなもんです。

ここまでくれば、倒れる事は無いので後は適当に自由にやっちゃってください。笑

今回はそれぞれの角にロープを付けてペグダウン。

他にも、高さを出したければ別途ポールを使ったり、木があればロープを木に引っ掛けてもいいでしょう。

ここまでの基本の建て方が出来れば、後は簡単なのでお好みでアレンジしていただければと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、基本的なタープの設営方法でした。

基本的なタープの設営方法まとめ
  1. タープを広げる
  2. メインポールを対角線上に真っすぐに置く
  3. ポールに対して30~45℃くらいのところに4か所ペグダウン
  4. ロープを緩めに配置
  5. ポールを立ち上げてロープにテンションをかける

いかがでしたでしょうか?

初めてタープを張った時、一人で設営するのとかホント意味不明でした。

出来る気がしませんでしたね。笑

ボン
ボン

タープこわ

ラスボス感やば

…タープいらね

そんな5年前、、、懐かしい限りです。

実際、手順さえ覚えればばめっちゃ簡単でした。

タープの設営の仕方意味わからん!と思う方。

あまり難しく考えず、手順覚えて楽しくやっちゃいましょう!

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました