FIELDOORウッドポール紹介:見た目良好&頑丈でおしゃれなタープポールです

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

本日は、、、

我らが庶民の味方、FIELDOORの木製テントポールを紹介していきたいと思います。

最近はソロでの野営スタイルが主流だったので、ポールは木で調達できますし、別途ポールを買う事はありませんでした。

ボン
ボン

タープとか張らない派でやってます

そういう流派でやってます

という謎の流派に属していますし。

が、今後ファミキャンが増えそうだなという事で、良いポールがあってもいいかな~っと。

アルミとかじゃつまらないですし、どうせなら木製がいいですよね。

色々考えてオリジナリティを出したかったので自作しようかとも思いましたが、材料費&手間&失敗するリスクを考えて結局購入する事に。

まぁ失敗したら失敗したでネタになって良いかなと思いましたが、一旦踏みとどまりました。笑

色々と調べた結果、コスパ的に一番良さそうだったFIELDOOR木製テントポールを購入。

これ、いいですよ。

間違いなくおすすめできるウッドポールだったので、紹介していきます。

こんな方にオススメの記事
  • ウッドポールを探している
  • お洒落なサイト作りを目指している
  • FIELDOOR木製テントポールの評価を知りたい

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

FIELDOOR木製テントポールスペック

スペック要約

【サイズ】
テントポール : (約)φ3.2cm×245cm (有効長 : 240cm
ポールエンド直径 : (約)φ6mm
収納バッグ : (約)86cm×12.5cm×12.5cm

【材質】
テントポール : 天然木(タモ材) 他 収納バッグ : 帆布(綿)

【重量】
約1.6kg(1セットあたり)

細かい事は気にせず、長さは240cmです。

収納袋もナチュラルに良い感じですね。

実物チェック

実物をチェックしていきましょう。

持った感じは、少し重い印象

アルミポールとかと比較するとちょい重いかな?程度の感覚ですが。

また、ポール自体の印象は太くて頑丈です。

ウッドポールだと耐久性の部分が少し心配じゃないですか?

でも、実物を触ってみて思いましたがこの太さ&頑丈さなら全くもって問題い、という感じです。

また、FIELDOORのロゴが良い感じ?です?

いずれ削るかもしれません…。

スミマセン。。笑

あ~これいいな、と思ったポイントは、

ジョイントする時しっかりとネジで締め付けて固定できる点です。

ぐらつき防止になります。

予想以上にがっちり固定されて、安定感抜群ですね。

安くて細いポールだと、ここの接続部分がグラグラなんですよ。

以前購入したやっすいアルミポールはめっちゃグラグラ&曲がってしまうという残念な品でした。

安かろう悪かろうって事ですね。

その点、高品質って感じですよこのポールは。

スポンサーリンク

接続部分を塗装アレンジ

無骨大好きな私としては、接続部分のシルバーがちょっと愛せない

という事で、アイアンペイントで黒く塗装する事にしました。

私の場合かなり偏った意見だと思いますので、シルバーのままでも全然カッコいいと思います。

特に、ナチュラルなサイト作りにはシルバーのままの方が合うでしょうね。

ということで、思い切って塗っていきましょう!

まずは、プライマーで下地をヌリヌリ。

2時間以上乾かしましょう。

次に、アイアンペイントのブラックをスポンジでトントンしていきます。

ボン
ボン

無骨にな~れ👹

無骨にな~れ👹

良い感じじゃないですかね?

乾燥させたら、試し張りにいっちゃいましょうかね。

私としては、木の色合いももう少し濃くしたいところですが、一旦この色で使用して、飽きたらアップデートしていきたいと思います。

ちなみに、最近アイアンペイントにハマってます。

アイアンペイントの塗り方とかを勉強中ですが、適当に塗っても良い質感になるのでアイアンやアンティーク好きの方にはオススメです!

試し張り

早速、試しにムササビウイングを張っていきましょう!!

良いですね~!

やっぱりアルミにはない質感で無骨おしゃれじゃないですか?

木の質感ってホント良いですよね。

そして、やっぱり私は接続部分はブラックの方が好きですね。

塗装して正解です。

ちなみに、張る前から分かってましたが、かなり頑丈で安定感も抜群です。

これなら、強風の時も安心!といった感じです。

ただし、1点懸念事項としては、雨の日にポールが抜けなくなったというレビューがある点です。

木製なので水分で膨張するのは仕方がないと思いますが、抜けなくなると撤収が面倒ですね。

雨の日は使用を避けるか、入念に撥水加工するか、覚悟して使うか。

まぁ、私は気にせず使いますけどね!笑

まとめ

以上、FIELDOOR木製テントポールの紹介でした。

FIELDOOR木製テントポールまとめ
  • 木の質感がおしゃれでナチュラルなサイト作りに最適
  • 太くて頑丈で安定感も抜群
  • 雨の日の使用は少し注意が必要?

ポールを変えるとサイトの印象が結構変わります。

木の質感が良く、頑丈で使い勝手もいい。

価格についても、激安!ってわけじゃないですが、ちょっと頑張れば購入できる価格帯じゃないでしょうか。

総評して、買って正解って感じですね。

購入を検討されている方の参考になれば幸いです!

以上、素敵なキャンプライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました