TCルーテントファミリーの紹介:コスパ最強!自立式カンガルーテント

CAMPギア
スポンサーリンク
ボン
ボン

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

先日、ビジョンピークスから抽選販売がスタートしたTCルーテントファミリー、、、

当選しちゃいました!

個人的には、今現在間違いなくTC素材カンガルー幕としてはコスパ最強だと思っている幕です。
そんなTCルーテントファミリーを試し張りしてきましたので、評価等含め紹介していきます。

結論は、、、

めっちゃいいです。

こんな方におすすめの記事
  • カンガルー幕を探している
  • TC素材が好き
  • お洒落なサイト作りを目指している

現在は、抽選販売後リコールや不具合品が出てしまい販売を休止しています。

欲しい方は再販を待ちましょう。

とりあえず、旧式TCルーテントとソロ用のリンクは貼っておきます。
ソロ用は結構カッコいいな~と思ってます。

お金に余裕があれば欲しいところですね。

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

TCルーテントファミリーとは

TCルーテントファミリーとは、ピジョンピークスから2021年6月11日(金)~抽選販売がスタートした、TC素材の自立式テントです。

基本スペック

【サイズ】
 使用時/約250×210×130(H)㎝
 収納時/約22×22×70(H)㎝
【材質】
 フライ/ポリエステル+綿混紡
 フロア/ポリエステルオックス
 ポール/FRP、アルミ
【重量】約7.2㎏
【付属品】ペグ、収納ケース

旧式TCルーテントがカンガルー幕としてかなり人気でしたが、もう少し広さが欲しい!

という声から誕生。

機能&デザイン性はさることながら、なんといっても価格が安い!

出典:ヒマラヤ公式ショップ

いや~安いです。

ありがとうございます!ヒラヤマ様!

スポンサーリンク

設営方法

早速、試し張りしてきました。

持った感じのサイズ感はこんな感じです。

コンパクトで、重さもも約7.2kgなので重いという感じはありません。

セット内容は下記の通り。

●テント本体
●メインポール2本
●リッジポール1本
●ペグ4本

では、早速設営していきましょう。

実は、キャンプ5年もやってて自分で自立式を買ったことが無かった筆者。

わりと不安です。笑

収納袋の内側に取説が付いているので、それを参考に設営していきます。

まずは、テント本体を広げていきます。

手前と奥のメッシュ部分が出入口になりますので、向きを確かめてから設営しましょう。

まぁ、自立式は設営した後でも自由に移動できちゃうので細かい事気にする必要はありませんが。

次に、2本入っているメインポールを天井部分にあるポールスリープに通していきます。

一瞬、え?どこ?

って迷いますが、すぐ見つかると思います。

次に、ポールの先端を、右側のポールであれば左側の角左側のポールであれば右側の角というように、反対側の角にあるグロメットに差し込みます。

グロメットってなんですか?

というそこのアナタ、私もググりました。

要は、テントの角にある金属の輪っかにポールの先端を引っ掛けましょうって事です。

片方のポールを引っ掛けると、上記のような感じになります。

初めてだと、ポールが折れないか心配になりますが、、、

大丈夫なもんなんですね。

2本目は本体を立ち上げながらポールの先端をグロメットへ。

立ち上がりましたね~。

既に、ちょっとカッコいいですよ!

次に、ポールがクロスしているところをマジックテープで固定し、テントについているポールフックメインポールに引っ掛けていきます。

次に、リッジポール出入口上部に取り付けて固定します。

設営完了です!

いや~いいですね~!

初めてで写真撮りながらでも10分程度で設営完了。

慣れれば、公式にもあるように5分で設営もできそうですね。

スポンサーリンク

広さ

ファミリー用のカンガルー幕として作られただけあって、中は広々です。

ただ、公式スペックでは4人用との事ですが、お子さんが大きい場合窮屈に感じるとは思います。

個人的には、3人での使用がベストかな?という印象です。

2~3人での使用であれば、幕内でヌクヌクするのも広々使えるサイズ感です。

機能性

次に、機能性の面ですが、ベンチレーションの充実や耐水圧については当然の如く申し分ない性能なので、一旦置いておきます。

で、特にこれはいい!

と思った機能が、天井をメッシュにする事で出来る点です。

当然、通気性の面では最高なんですが、何が良いって、、

夜の星空を楽しみながら寝れる!

これですよ。

いつもお酒の飲みすぎで、夜空の記憶が曖昧なんですが、これなら記憶に残ってそうです。笑
まぁ、夜中に雨が降ったら雨で起きるの必至でしょうけどね。

その他にも、機能性の面で痒い所に手が届く仕様が多いです。

天井にギアループ、幕内大型メッシュポケットなどなど。

これだけの幕で、22,900円やっぱり安いなと思いますね。

1点残念なポイント

1点だけ、ちょっと残念なポイントです。

これは許容範囲内、というかここまで良いテントなのでもう一声欲しかった!という感じではあるんですが、、、

フロアのポリエステルオックスがちょっと薄いような気はします。

まぁこんなもんなんでしょうけどね。

とはいえ、ハードなフィールドだと、少し破けないかが心配です。

基本的にファミリー幕なので、ハードなフィールドでキャンプする事は無いと思いますが。笑

グランドシート的な物は別途用意した方がいいと思います。

ムササビウイングとのコラボ

恐らく、今後のファミキャンスタイルはムササビウイングTCルーテントファミリーのコンボになると思います。

という事で、試しに張ってみました。

色合いが合わないわけがない。

サイズ感もいいですし、素敵なサイトになりそうな予感です。

ソロではゴリゴリの無骨スタイルが好きですが、ファミキャンは少しナチュラルに攻めたいと思います。

次回のファミキャンが楽しみで仕方がないですね!

まとめ

以上、TCルーテントファミリーの紹介でした。

TCルーテントファミリー まとめ
  • TC素材のコスパ最強自立式テント
  • デザイン性も良く、機能性も申し分なし
  • 天井がメッシュになり通気性&星空でFinish
  • グランドシート的な物はあった方がいい

結論、めっちゃ良い幕です。

TC素材で、デザイン性も良く、機能性も申し分なく価格も安い!

TC素材カンガルー幕や自立式テントをお探しの方。

今、おすすめできるテントNo.1ですね。

当然、お金をだせば良い幕はいっぱいありますが、この価格でこの内容ってのが最強だと思ってます。

今は販売休止中ですが、気になる方は再販を待ちましょう!

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました