NT円切りカッターはレザークラフトで円形にカットしたいときにオススメ

こんにちは、KENJIです!

本日はレザークラフトの便利グッズのご紹介です。

革の裁断と言えば革包丁やカッター、別たちなどを想像されるかと思います。ただ、始めたばかりの頃(私もまだまだビギナーですが・・・)カーブを綺麗に切ったりするのが難関だったりします。円形に切り抜くのなんて難関中の難関。

そこで探した結果、良さそうだったNT円切りカッターを試しに購入してみたところ、非常に使いやすかったのでご紹介致します。

スポンサーリンク

まずは開封すると,こんな感じに2つの道具が出てきます。


こちらがセンターゲージといって、切りたい位置の目安に使用する道具です。

で、こちらが本体です。

ひっくり返すと、替刃(6枚)や替刃に装着する赤いカバーが収納されてます。


次に刃をセットしていきます。

開封すると、もともと刃がセットされています。ですが、刃が隠れてしまっているためこのままでは切れないので、一度外側に突出してる固定ねじを緩め刃を引き抜き、刃の長さを調節します。

こんな感じです。赤いグリップから刃を抜き出し長さを調整してきます。この時の刃の長さは切断物の厚さで調節します。

そして再装着します。側面からみるとこんな感じですね。

次に裁断する直径サイズの変更をしていきます。スライド固定ネジ(真ん中の銀色のヤツ)を緩めビームスライドに表示した直径寸法を、印に合わせてスライド固定ネジをしめます。直径は最小1.8㎝~最大17㎝まで裁断可能です。


試に切ってみましょう。
切りたい革にセンターゲージを乗せます。

その上に本体をセッティングし、センターゲージを引き抜きます。

セッティング完了です。


後は中心を抑え、グリグリっと回していきます。力を入れ過ぎると革がよれて歪な円になってしまい、力が弱いとそもそも切れないので、多少慣れは必要です。

こんな感じに綺麗に切れました!今回は中心に穴が開いてますが、開かないようにカットする事も可能ですので、レザークラフトに適していると思います。

以上、NT円切りカッターのご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?

初心者の時、材料を無駄にしないようにと革の裁断は緊張するものです。ましてやカーブや円のカットは難しいが故に力みすぎて失敗、なんてこともしばしば。また、革の裁断を失敗すると、作業を進めていくうちに縫い合わせや全体のサイズなど設計通りにいきません。それだけ革の裁断は重要です。

そんな裁断のお助けアイテム、NT円切りカッター。

一度使ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

NT円切りカッターはレザークラフトで円形にカットしたいときにオススメ” への1件のフィードバック

コメントを残す