半永久的に使える鉄のフライパンturk(ターク):これ、一生モノです

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

村人C
村人C

キャンプでお肉が食べたいよ~!

ボン
ボン

肉といえば鉄板だな

村人B
村人B

鉄板?いいね

ボン
ボン

ドイツの錬金術師作に作ってもらった一生モノを召喚しよう

という事で、本日は半永久的に使える鉄のフライパンturk(ターク)の紹介です。

メンテナンスすれば一生使えるフライパンです。

鉄のフライパンはちょっと…。

と思っている方も多いと思いますが、非常に魅力的な調理器具なので是非ん参考にしてみてください。

こんな方にオススメの記事
  • 鉄のフライパンを探している
  • turk(ターク)の評価が知りたい
  • 無骨な物が好き

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

turk(ターク)とは

turk(ターク)とは、熟練した鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年にターク社を創業が始まりです。

100年変わらぬ作業を受け継ぎ、一本一本時間をかけて、無骨で飾らない独特の表情を持つフライパンを作っているらしいです。

出典:ターク日本公式ホームページ

100年変わらぬ作業って…凄い。

そして、鉄の塊(銑鉄)を真っ赤に熱し、何度も叩いて成型し鍛造で仕上げたフライパンは、メンテナンスをすれば半永久的に使える

一生モノですね。

職人によって作られた製品なので、無骨で荒々しい佇まいで一つ一つ個性があり、そこがまた素敵なフライパンです。

この鉄の塊が、、、

出典:ターク日本公式ホームページ

こうなって、、、

出典:ターク日本公式ホームページ

こうなるらしい。

出典:ターク日本公式ホームページ
ボン
ボン

錬金術ですか?

いや~凄いですね。笑

製品が出来る背景まで知っていると、より製品に対する愛着が沸くってもんです。

一生使っていきますよ!

私は26cmを購入

サイズバリエーションが多く、

18cm・20cm・22cm・24cm・26cm・28cm・32cm・36cm

という、サイズ展開。

私は、結構迷いました。

ただ、ガッツリステーキ肉やチキンを焼きたいと想像した時に、26cmは必要だなと思い26cmを選択。

結果、丁度いいサイズ感で正解でした。

ちなみに、サイズを測ってみたところ…

25.3cmくらいでした。

やはり、職人のハンドメイド作品。

多少のズレは生じてしまうんでしょうね。

ただ、これも個性

素敵で良いんじゃないでしょうか。

次に重さですが、、、

1,461g

やはり、重いです。

数字で見るより、実際に持ってみた方が重さを感じます。

この点に関して、良いと思うかどうかは人によるでしょうね。

私は、当然良いと思ってしまう派の人間です。笑

焼き慣らし

では、早速使っていきましょう!

と、いきたいところですが鉄のフライパンと言えば、焼き慣らし(シーズニング)が必要です。

ちょっと面倒だな、と思う方も多いかと思いますが、我が子を可愛がる様に育てていきましょう。

大まかな流れは下記の通りです。

焼き慣らし手順
  1. クレンザーとたわしで、表面の鉄粉やオイルを落とす
  2. 野菜くず、塩、油を入れて弱火にかける
  3. フライパン全体に油を馴染ませる
  4. 野菜くずがカリカリになるまで炒める
  5. 火を止めて油や野菜くず、塩を拭き取る
  6. ぬるま湯で洗い流し、火にかけて水分を飛ばしたら完了

難しい工程はないので、サクサク写真ダイジェストでいっちゃいましょう!

公式にはじゃがいもの皮と書いてありましたが、何だって良いと思います

焼き慣らしが完了です。

これが完了したら、レッツフィールドです。

スポンサーリンク

使用感

早速、色々な物を焼いちゃいましょう。

まずはウインナー。

次に、卵をダイブ!

卵が割れちゃいましたが、焼き慣らししているので、卵がくっつくこともありません。

ドデカイステーキも何のその。

厚い肉の塊も温度が下がりにくく水分をよくとばすため、外はカリッと、中はジューシーなステーキが焼けます。

そして、やっぱり26cmで正解ですね。

次は、チキンとジャガイモをローズマリーと一緒にカリッカリに焼いてみました。

こちらもチキンはジューシーで、ジャガイモはカリホクっと。

最高に美味しいですよ!!

記事を書いててお腹が減ってきましたね…。

最強の無骨フライパンの決定版ですよ、タークは。

ただ、1点気になるポイントとしては、持ち手のエッジが利きすぎているので、若干調理中痛いという点でしょうか。

重い上にエッジが利いてるので、女性の方は注意が必要かな?と思います。

タオル等を使って調理する事をおすすめします。

まぁ、上記すらも無骨さを表現する魅力の1つなんでしょうけどね。

まとめ

以上、半永久的に使える鉄のフライパンturk(ターク)の紹介でした。

フライパンturk(ターク)まとめ
  • ドイツ製の無骨カッコいい鉄のフライパン
  • 使用前に焼き慣らしが必要
  • 焼き料理に関しては最強
  • メンテナンスすれば半永久的に使える

鉄のフライパンなので、使用前の焼き慣らしやメンテナンス、そして重い等々、テフロンの楽さを覚えてしまうと面倒と感じる部分も多いでしょう。

ただ、この無骨でカッコいいフライパンで焼いた食材たちは、より美味しく調理されます。

そして、一生使えるフライパン。

なんかロマンがあるじゃないですか。

ジジイになっても、同じフライパン使って肉焼いてる姿とかちょっとカッコよくないですか?

そこを目指して頑張りたいと思います。

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました