TC素材おすすめソロテント5選:Amazonや楽天等で買える製品で限定

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

本日は、TC素材おすすめソロテント5選を紹介していきたいと思います。

また、手軽に入手できるようにAmazonや楽天等で買える商品に限定します。

ボン
ボン

紹介したテント買って、ソロキャンプデビューだYO

こんな方にオススメの記事
  • ソロテントを探いしている
  • TC素材が良い or 気になっている
  • ソロキャンプデビューしたい

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

TC素材とは?

TCとはテクニカルコットンの略で、ポリコットンとも呼ばれます。

いわゆる、ポリエステルコットン混合素材です。

二つの素材の良いとこどりをした素材のイメージです。

メリット
  • 夏は涼しく、冬は暖かい
  • 結露がしにくい
  • 火に強い(燃えないわけではない)
  • 生地の風合いがコットンに近くカッコいい
デメリット
  • ポリよりは重く大きくなりがち
  • ポリよりは耐水圧が低い
  • 価格が少し高め

こんな感じでしょうか。

ただ、デメリットについてもコットン100%よりは軽く、耐水圧も高く非常にバランスが良い素材だと思います。

また、わりと気にされるのは耐水圧じゃないでしょうか?

雨で染みてしまうんじゃないだろうか…と。

私もそう思ってましたが、台風や豪雨じゃない限り中がびちゃびちゃになる事はないでしょう。

何度も雨キャンプしてますが、今のところ普通の雨なら問題はありません。

ボン
ボン

UL幕、軍幕以外はTC素材一択ですね!

では、本題に行きましょう~

バンドック ソロベース

1つ目は、やっぱり私も愛用しているバンドックのソロベースは外せないでしょう!

基本スペック
  • 材 質:コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
  • サイズ:約3600×1900×1100mm
  • 収納時:約400x200x200mm
  • 重 量:約4.48kg
  • 耐水圧:3000mm
  • セット内容:フライシート×1・インナー×1・1100mmポール×2、1300mmポール×2
  • 価格:22,800円 ※2021年7月14日時点

インナーテントやポール等も全て揃ってこの価格なので、やっぱり安いですね。

今のところ10泊以上は使用して、雨キャンプも使いましたが今のところ問題はなし。

移住空間も広く、前室跳ね上げれば日除け&雨対策にもなります。

ローコットも余裕で入る広々空間で快適性は非常にいいです。

色合いも非常に良く、カッコいい。

使用している人も多いですが、売れるのが分かる間違いない幕だと思います。

私は、ミリタリーグリーン大好きなので、この色を選択していますが、サンドベージュもあります。

こちらの方が上品でお洒落な感じですね。

出典:楽天市場

この価格で、この機能・デザイン性一番におすすめしたい幕ですね。

バンドック ソロティピー1TC

出典:楽天市場

2つ目は、またもやバンドックからの紹介。

ソロティピー1TCです。

基本スペック
  • 材 質:コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
  • サイズ:約2400x2400x1500mm
  • 収納時:約440x240x240mm
  • 重 量:約4.8kg
  • 耐水圧:3000mm
  • セット内容:フライシート×1・インナーシート×1・メインポール×1・サブポール×1
  • 価格:32,000円 ※2021年7月14日時点

バンドック強いですね~。

こちらは、ワンポールのティピー型で前室を広々取れるという素敵な幕です。

ソロベースを使用して分かっていますが、素材や裁縫・作り等は折り紙付き。

知人が使ってますが、ソロベースよりも広く高さもあるので、かなり移住空間は広く感じます。

当然、インナーテントやポールもセットになっているので、その点も安心です。

また、こちらの幕もサンドベージュがあるのでお好みで選択できます。

出典:楽天市場
出典:楽天市場

ただ、ソロベースよりも価格が高く、32,000というところがちょっと残念。
※2021年7月14日時点

OneTigris ポリコットンTC ワンポールテント

3つ目は、今勢いのあるOneTigris(ワンティグリス)からの紹介。

ポリコットンTC ワンポールテントです。

名称そのまま。笑

基本スペック
  • 材 質:コットン混紡生地(割合不明)
  • サイズ:約3600x2050mm
  • 収納時:約580x200x200mm
  • 重 量:約7.25kg
  • 耐水圧:350~400mm
  • セット内容:ワンポールテント×1、2.5mロープ×8、スチールペグ×18、205cmテントポール×1
  • 価格:24,800円 ※2021年7月14日時点

ソロ用というには少し大きく、ソロティピーより一回り大きいサイズ感になります。

それなのに、価格は24,800円。

ソロデビューからデュオキャンプも想定している方にはオススメのサイズ感でしょう。

デザイン性も、ローベンスを思わせるようなビジュアル。

サンドベージュに所々ブラックを織り交ぜてるところが、ローベンスっぽさを演出してます。

前室も広々取れる点も非常にいい。

そして、薪ストーブをインストールできる煙突開口部もあります。

私は、薪ストを所有してないので必要ないですが、薪スト愛好家の方には最高のオプションじゃないでしょうか。

この、機能性とサイズ、デザインで24,800円ですか…。

ボン
ボン

いや、やっす。

キャンプ始めた当時にあったらなぁ…笑

パンダTCプラス

出典:テンマクデザイン公式

4つ目は、テンマクデザインからの紹介。

パンダTCプラスです。

基本スペック
  • 材 質:コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
  • サイズ:約2,700×2,700×1,700mm
  • 収納時:約530×270×190mm
  • 重 量:約6.28kg
  • 耐水圧:1500mm
  • セット内容:ポール×1本、ペグ×14本、張り綱×4本、 収納ケース
  • 価格:34,980円 ※2021年7月14日時点

実は、一番思い入れのある幕です。

ソロキャンプを始める時に、初めて買ったソロ用の幕がパンダTCでした。

当時はプラスが付く前のスカート無しでしたが、恐らくこのサイズ感のソロ用TC幕としてはパンダTC一択だったと思います。

数多くのソロキャンプを共にした幕なんですよね。

ボン
ボン

パンダTCで色んなところでキャンプしたな~

とまぁ思い出バイアスがかかってるので、過大評価してしまうのも事実ですが、やっぱりバランス良い幕ですね。

サイズ感や、サンドカラーの色合いや形も綺麗で非常に良い幕です。

最近のテントは、どちらかというと前室を広くする等の機能をプラスしていくイメージですが、パンダTCは無駄な機能が無くシンプル。

個人的には、実はスカートもいらないくらい。笑

まぁ恐らくはスカートがある方が寒さ対策の点では間違いはないですし、スカート有派が多数なのは事実でしょう。

とりあえず、パンダTCプラスシンプル好きな方にオススメな幕です。

番外編

5つ目は、ちょっとトリッキーな番外編です。

そう、TC素材のスクエアタープでステルス張り!!

村人A
村人A

テントじゃねーじゃねーか!

このビチグソが!!

ボン
ボン

スミマセン…。

まぁ…タープですからね。笑

ただ、ステルス張りを知らない方は、是非Google先生に聞いてみてください。

これはタープではなく、もはやテントです。

価格的におすすめなのは、大きいサイズならテントファクトリー小さいサイズならバンドックがおすすめ。

ここにきて、またしてもバンドック。

強いです。

テントファクトリーはロゴがちょっとなぁ…。

バンドックはロゴが目立たない点も良いですね。

ただ、290×290cmなので、かなり移住空間は狭くなります。

「DDタープの3×3 ステルス張り」

この低空飛行で秘密基地感がカッコイイと思える方には是非やっていただきたい!

DDタープでステルス張りは当たり前ですが、TC素材のタープでステルス張りしている人はあまり見た事がないので、玄人感が出せてカッコいいと思います。

やっている人がいたら、純粋に、、、

ボン
ボン

…素敵

と、思うでしょうね。

まとめ

以上、TC素材おすすめソロテント5選の紹介でした。

TC素材おすすめソロテント5選まとめ
  1. バンドック ソロベース
    ☞ 軍幕顔負けパップテント(愛用)
  2. バンドック ソロティピー1TC
    ☞ 前室が広くとれるティピー型(友人使用)
  3. OneTigris ポリコットンTC ワンポールテント
    ☞ 広々で薪ストもインストール可能なティピー型
  4. パンダTCプラス
    ☞ シンプルイズベストなティピー型(愛用)
  5. TC素材のスクエアタープでステルス張り
    ☞ 変態玄人向けな秘密基地

どうでしたか?

5番目は、ちょっとトリッキーな内容でしたが、参考になるテントもあったら嬉しい限りです。

そして、改めてこう見てみるとバンドック強いなと。笑

ホント安くていいテントが増えて、逆に選ぶのが大変です。

また、記事を書いてて最近パンダ君の出番が減ってきてしまった事に気が付き、久々にパンダで出陣したいなと思った今日この頃です。

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました