焚き火用五徳(ゴトク)自作してみた:簡単!無骨!アイアン好き必見

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

本日は焚き火用五徳(ゴトク)自作してみましたので、作り方を紹介していきます。

100%納得がいくものではないので、備忘録程度の記事です。

ちなみに毎度の如く、自作といっても尋常じゃなく簡単な作りでDIYと言えるレベルじゃありません

その点、ご了承を。

ただ、私的には雑な作りが好きなので簡単な作りでいいんです。

スタイリッシュでカッコ良すぎるギアが多いんですよ。

まぁその方がよっぽど需要があるんでしょうけどね。笑

私みたいなのが少数派なのは理解してます。笑

この記事はこんな方にオススメ
  • 焚き火用五徳を自作したい
  • 低コストで作りたい
  • 簡単じゃないと無理

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

材料 & 道具紹介

工具はそれなりに必要ですが、使用する材料は3点のみ。

材料

① 聖剣アイアンブレード(鉄の棒)
② 蝶ボルト
③ 蝶ナット

材料費は2~300円くらいだと思います。

聖剣は厚さ3mm×幅12mm×長さ910mmの物を選択。

太さや長さはお好みで。

スポンサーリンク

手順

手順と言っても、

要は、鉄の棒を切って穴開けて蝶ネジで留めて終了です。

まずは、鉄の棒を3分割していきたいので、切る位置に印をつけます。

次にカインズのディスクグラインダーで切っていきます。

カインズのディスクグラインダーの詳細については下記記事参照してください。

イイ感じに切れましたね。

多少バリが気になるので、研いでいきます。

ダイソーに売ってたディスクペーパーを使用してみます。

ちゃんと研磨できるかちょっと不安でしたが、全く問題ないですね。

疑ってすみません、ダイソーさん。笑

次に、下記の形をイメージしているので、それぞれ先端に穴を開けていきます

先端に印を打って、Amazonで買った頼れる鉄工用ドリルで穴を開けていきます。

Amazonで買った頼れる鉄工用ドリルの詳細については下記記事参照してください。

ツルツル滑らないよう軽く印を付けて穴を開けていきます。

後は、蝶ナット&蝶ボルトで固定したら完成!

蝶ナット&蝶ボルト3セットあれば、三角形にも。

折りたためばコンパクトに。

バックパックの隙間に入れておいても邪魔になりません。

なかなか無骨な仕上がり!

良いと思います。

ただ、1点残念なポイント。

蝶ボルトが結構緩む。。

結構、固くホールドしたかったので、その点は少し残念なポイント。

まぁ外れる事はないですし問題なく使えるレベルですが、もう少し改良が必要かも?

とりあえず、野で使うのが楽しみです!

まとめ

以上、自作焚き火用五徳(ゴトク)の紹介でした。

まだまだ、改良の余地はありそうですが、プロトタイプとしては満足いく出来です。

味がありヴィンテージ感溢れるようなギアが好き、という方。

このプロトタイプをベースに、無骨・コスト・簡単の3点を気を付けてアップデートしていただければ幸いです。

そして、良い物が出来上がったら私に教えてください。笑

自作ギアだと、よりキャンプライフが楽しくなる事間違いなしですよ!

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました