コンパクト燃料ボトルレビュー:HAYESのオイルボトルの評価は?漏れはどうか?

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

先日、久々にオイルランプ用のパラフィンオイルを導入しました。

詳細はこちら👇

で!

ボン
ボン

友達少ないしソロ多いしな~

コンパクトな燃料ボトルでも欲しいな。。

という事で、HAYES TOOLING & PLASTICS(ヘイズ ツーリング アンド プラスチック)のオイルボトルを購入してみました。

名称長っ。

選択基準はコンパクトで無骨でカッコいいという点でしょうか。

ただし、、、レビューを見ると結構漏れるとの評価…笑

ボン
ボン

漏れるとか上等!

コンパクトでカッコいいから買ったりますよ

という事で購入。

実際のところどうなのかを検証してみましたので、参考にしていただければと思います。

こんな方にオススメの記事
  • コンパクト燃料ボトルを探している
  • ヘイズツーリングアンドプラスチックのオイルボトルの評価が知りたい
  • 無骨なギアが好き

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

HAYES TOOLING&PLASTICSオイルボトルのスペック

スペック

■サイズ:約W65 × D30 × H145 (mm)
■材質:プラスチック
■容量:約118ml

柔らかめなプラスチック。

先端をクルクルっと回して、燃料を出す仕様になってます。

因みに、この118mlという量がどうなのか?

という点をシミュレーションしておきましょう。

メジャーな製品でシミュレーションをという事で、FEUERHAND(フュアーハンド)ランタン276で計算してみます。

FEUERHAND(フュアーハンド) ランタン276のカタログスペックでは、燃料タンクがMAX340mlで燃焼時間は20時間以上となっております。

340ml ÷ 20時間 =17ml

17mlで1時間燃焼する事が分かりました。

118ml ÷ 17ml = 約7時間

118mlで約7時間燃焼するという計算に。

これを長いと思うか短いと思うかは個人よると思いますが、

ボン
ボン

私は、まぁ十分!

仮に17時から火を灯しても24時までもちますし、24時まで起きてる事ないですしね。

スポンサーリンク

漏れ具合の程は?

では、本題です。

さてさて、レビュー通り漏れるのか?

まずはパラフィンオイルを入れていきます。

中身の量が見えないので、入れ辛い…。

投入完了。

とりあえず、振ってみます。

そして、押してみます。

結果、、、

意外と大丈夫そう・・・?

と、思いきや徐々にじんわり来ました。笑

横に置いておいたらどうか?

まぁ、これくらいなら大丈夫そうです。

ボン
ボン

分かってたことなので許容範囲内

この程度の漏れは、製品の見た目やサイズ感を重視して許せる範囲内ですが、

絶対漏れるのはイヤ!って方は別の燃料ボトルを検討する事が無難でしょうね。

ちなみに、燃料の入れやすさは申し分ありません。

まとめ

以上、HAYES TOOLING & PLASTICS(ヘイズ ツーリング アンド プラスチック)のオイルボトルの紹介でした。

オイルボトルまとめ
  • カッコ良くてサイズ感も丁度いい
  • 118mlで約7時間燃焼(4分芯)
  • 振ったり押したりすると漏れる

機能性というよりは、見た目重視の製品ですね。

見た目を重要視される方は良いかと思います。

購入を検討されている方の参考になれば幸いです!

以上、素敵なキャンプライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました