【無骨なコンパクトテーブルの紹介】レトロで雑な作りが逆に素敵なテーブルです

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

本日は無骨なコンパクトテーブルの紹介を紹介していきます。

ガラクタの様なテーブルですが、そこがまたいい!

一般的なキャンプ用のテーブルって、スタイリッシュでカッコいいテーブルが多いんですが、レトロな物が好きな私としてはちょっと違うなぁと思ってしまう。

かといってガレージブランドは高い…。

高いと雑に使えなくて、若干ストレスだったりします。

その点、今回紹介するテーブルは雑に使ってなんぼのテーブルです。笑

かなーり好みが分かれるテーブルだと思いますが、好きな人は好きだと思います。

この記事はこんな方にオススメ
  • コンパクトなテーブルを探している
  • アンティークやレトロな物が好き
  • 人と被らない物が欲しい

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

基本スペック

今回紹介するテーブルはこちら!

この無骨な佇まい!

何これ?状態でしょう。笑

この良さを分かってくれる人は少数派でしょうけど、同じような感覚の方からするとカッコいいと思えるハズ。

そして鉄なので、ちゃんと錆びます。

ですが、色ムラや、錆、歪みなどが古さを演出し、そこが味となってまたいいんですよ。

また、脚は取り外せるので結構コンパクトになります。

重さは、400g弱。

鉄なので仕方ないですが、脚の部分が結構重いですね。

まぁまぁ許容範囲内です。

軽さも重要ですが、嵩張るかどうか?

が結構重要だったりします。

平べったくなれば、持ち運びは楽ですからね。

サイズは30cm×20cm

ソロでシェラカップやコップを置いたりするのに丁度いいサイズ感です。

スポンサーリンク

使用感

このアミアミの感じとか、アイアン剥き出しのところとかいい雰囲気です。

サイズ的には結構コンパクトなので、無骨なキャンプスタイルな方でも2個くらいあると丁度いいかもしれません。

個人的には、大きいテーブルをドン!

より、コンパクトなテーブル複数個持って行って使用状況によってテーブルを配置した方が便利で居心地がいいんですよね。

また、素材がなので火に直接かけられます。

焚火に突っ込んじゃっても問題なし。

五徳や網としても使用できます。

ただし、耐荷重は低めなので重い物だと多少歪みます。

ガッツリ重い物を温めたりとか、鍋・フライパンとかもNGですね。

基本的には、肉をや野菜を焼いたりちょっとした物を温める程度の使用がベストです。

ちなみにこちらのテーブル、”Boncraテーブル”といいます。

このテーブルをカッコいいと思える方は少数派だとは思いますが、欲しい方がいれば言ってください。

居ないと思いますが。笑

錆びます、歪みます、ガラクタです。

そんなギアに魅力を感じちゃう変態さん、Boncraテーブルを安く提供します。笑

ちなみに、焚き火台は自作した焚き火台です。

もし良かったらこちらの記事も見ていってください💡

まとめ

以上、無骨なコンパクトテーブルの紹介でした。

無骨なコンパクトテーブルまとめ
  • めっちゃレトロで好みが分かれるテーブル
  • サイズ30×20cm、重さ400g弱
  • 直接火にもかけられる

レトロな感じで錆や雑な作りが、逆にカッコよく思えちゃいます。

恐らく居ないと思いますが、共感できちゃうそこのアナタ

キャンプを通じて一緒に楽しい事でもしませんか??

そして日本酒好きだったら最高の仲間に。

連絡お待ちしてます。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました