【予算3万円で始めるソロキャンプ】何が必要?どこで揃える?2021年5月

CAMPギア
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

本日は、2021年5月現在予算3万円ソロキャンプ用品を揃えるとしたら、最低限何が必要で何を買うのか?

を、本気で考えてみました。

昔よりキャンプ用品の選択肢も多く、また価格も安くなってハードルが下がってきました。

欲を出さなければ、3万円で十分ソロキャンプが始められます。

私なりに色々と検討してみましたので、参考にしてみてください。

もっと予算あるよ!って方は下記の記事を参考にしていただければと思います。

ちなみに、金額については日々変動するため、2021年5月時点の情報である点ご了承を!

こんな方におすすめの記事
  • ソロキャンプを始めたいが何が必要なのかが分からない
  • どこで買ったらいいか分からない
  • そして、出来るだけお金を抑えたい

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

前提条件

まず、前提条件としてキャンプのシーズンは冬を除く3シーズンを想定してます。

また、衣類・食材・調味料・お泊りセット(歯ブラシなど)は今回除いて検討していきます。

流石にそこまでは必要ないと思いますので…笑

ただし、その他諸々の消耗品は予算内に含みますので、その点はご安心を!

購入ショップについては、下記3つに絞ります。

  1. 楽天市場
  2. Amazon
  3. 100円ショップ

基本は楽天市場をベースに考えていきます。

故に金額は基本的に楽天の最安値金額を記載しております。

楽天を選択する理由は、商品が豊富なのは勿論の事、お買い物マラソン中に一気に買う事でかなりのポイントが稼げる点です。

楽天市場にない安い製品はAmazonで。

最後に100円ショップで、残りの消耗品類や安いキャンプ用品揃えるって感じでいきます。

他、自宅にある物については自宅から持参で完了です。

大物類(楽天 or Amazon)

テント

最初はやっぱりテントからでしょう。

非常に迷いました。

やはり、テントはそれなりにカッコいいのを選択したなぁと…。

結果、とにかく初心者向け!と妥協する事は出来ませんでした。

多少変化球ですが、今回選択したのは、、、

OneTigrisのスーパーシェルター2.0

出典:楽天市場

値段は10,400円 累計金額:10,400円
※2021年5月11日時点

安い!

そしてツーポールで色合いもデザインもカッコいい。

最近ツーポール使う事が多いですが、見た目も良いし移住空間も広くておすすめです。

当然、その他スペックも申し分なし。

出典:楽天市場
出典:楽天市場

メッシュの蚊帳も付いている為、虫対策も抜かりなく。

この価格で、この機能・デザイン性は凄いなぁと思っちゃいますね。

ポール

OneTigrisのスーパーシェルター2.0の完全ビギナー向けと言い辛いポイントが、

ポールが付いていないという事。

ある程度経験積んでる方だと、既にポールを持っていたり落ちている木でポールも作れると思いますが、これから始めるって方にはセット品の方がいいのは当然ですよね。

という事で、残念ながらポールを買い足す必要があります。

OneTigrisの純正ポールがあるので、そちらを購入しましょう。

出典:楽天市場

値段は2,500円 累計金額:12,900円
※2021年5月11日時点

既にポールも持ってるし、木でポール作っちゃうよ!

っていう野性味溢れる方は必要ありません。

マット

次に寝床に敷くマットです。

ホームセンターとかに売っている銀マットでも安く済みますが、せっかくなのでそれなりの物を選択していきます。

今回選択したのは、、、

Soomloom レジャーマット

出典:楽天市場
出典:楽天市場

値段は2,280円 累計金額:15,180円
※2021年5月11日時点

こちらも安いですね~。

ただ、安くても問題ございません。

知人に勧めて使ってますが、数十回使用しても問題ないとの事。

マットに関しては、結局このタイプが一番バランスが良いと思ってます。

ハイコット、インフレータブル、ローコット、エアマット等々使用しての個人的な感想です。

寝心地、重さ、設営撤収の楽さ等、非常にバランスがいいです。

地べたに座る際に、座布団のように使える点も評価ポイントです。

👇こんな感じに。

シュラフ(寝袋)

次に、シュラフ(寝袋)です。

個人的には寝心地的に天然ダウンが大好きなので、天然ダウンをおすすめしたいところですが、価格が跳ね上がっちゃいますので、やっぱりこの辺でしょう。

WhiteSeekのシュラフ

出典:楽天市場
出典:楽天市場

値段は3,280円 累計金額:18,460円
※2021年5月11日時点

この価格でこのスペックなら、十分じゃないでしょうか。

重量が1.5㎏で収納サイズも若干大きいのが気になるポイントですが、この価格なら十分なラインでしょう。

スポンサーリンク

ランタン

次にランタンです。

灯りが無いと夜厳しいですからね。

焚き火の火だけでチャレンジだ!

って方はスルーしてください。

今回選択したのは、、、

正式名称不明の、LEDランタン

出典:楽天市場
出典:楽天市場

値段は936円 累計金額:19,396円
※2021年5月11日時点

とにかく安い!

ちなみに私も使ってます。

2018年頃購入して、まだ使えてますので約3年は問題なく使用できてます。

明るさも十分なので、入門としては十分なんじゃないでしょうか。

チェア

次に、折りたたみのチェアです。

ジベタリアンで問題ないっていう方はスルーでOK。

私も、基本的にはジベタリアン派です。

今回選択したのは、、、

こちらも正式名称不明の、折りたたみチェア

出典:楽天市場
出典:楽天市場

値段は2,180円 累計金額:21,576円
※2021年5月11日時点

これまた安いな~。

折りたたみチェアが2,180円。

カラーも7種類あるのでお好みで。

個人的に、ロゴが入っていないという点が良い。

カッコいいブランドのロゴならいいんですが、それ以外は…基本ロゴ無しでいいです。笑

テーブル

次に、テーブルです。

地面に直置きで問題ないっていう方はスルーでOK。

今回選択したのは、、、

フィールドア(FIELDOOR)のコンパクトアルミレジャーロールテーブルSサイズ

商品名、長いな。笑

出典:楽天市場
出典:楽天市場

値段は1,980円 累計金額:23,556円
※2021年5月11日時点

良くある銀色のアルミ剥き出し感満載のテーブルは、どうしてもチープ過ぎて好きになれないんですが、、、

こちらの製品は、天板ブラック足もブラウンと重厚感があって良いと思います。

かなりコンパクトに収納できる点も👍

焚き火台

次に、焚き火台です。

やっぱりキャンプと言えば焚き火

とはいえ、焚き火そんなに興味がないって方もいると思いますので、そういう方はスルーで。

今回選択したのは、、、

正式名称不明の、折りたたみ式コンパクト焚き火台

出典:楽天市場
出典:楽天市場

値段は2,300円 累計金額:25,856円
※2021年5月11日時点

これも安いな~。笑

昔は某有名メーカーにしかこの形状は無かったし、価格も何倍もしました。

正直、これで十分です。

収納時は薄くコンパクトになり、セッティングも簡単

五徳や灰受けも付いているので、その点も高ポイントです。

ガスバーナー

次はガスバーナーです。

無くても焚き火の火だけで料理する事は可能ですが、やっぱりあった方が便利なので紹介していきます。

シングルバーナーについてはAmazonの方が圧倒的に安かったので、Amazonで。

今回選択したのは、、、

正式名称不明の、シングルバーナー

出典:Amazon
出典:Amazon

値段は1,980円 累計金額:27,836円
※2021年5月11日時点

私も旧バージョンを使ってます。

詳しくは下記の記事参考頂ければと思いますが、結論非常にいいです。

大物は以上!

ここからは細かい製品に移ります。

スポンサーリンク

100円ショップで買うもの

ここからはテンポよく一気にまとめます。

細かいアイテムや消耗品類は100円ショップで揃えちゃいましょう。

100円ショップで買うもの
  1. クーラーボックス
    ☞1泊くらいなら100円ショップの物でも対応可
  2. 保冷剤
  3. 火ばさみ(トング)
  4. 着火剤
  5. ライター
  6. カセットガスボンベ(CB缶)
  7. ペグ打ち用ハンマー

当然、自宅にあればそれを持参で問題ございません。

8点購入で800円 累計金額:28,636円

自宅から持参するもの

次に自宅から持参するものです。

キャンプしなくても、恐らくほとんど人が所持しているだろうと思うものをリストアップ。

自宅から持参するもの
  1. フライパン
  2. コップ
  3. 食器類
  4. ティッシュ
  5. ウェットティッシュ
  6. スポンジ
  7. 洗剤
  8. 絆創膏など

持ち出し無し 累計金額:28,636

最後に

最後に薪の調達をしましょう。

有料キャンプ場なら、基本的に現地で購入できるところが多いので、現地調達でOK。

ただし、事前に調べていってください。

販売が無ければホームセンターで。

7~800円くらいが相場かと思いますので、若干高く見積もって1,000円としましょう。

結果、、、

累計金額:29,636円!

なかなか良い線いってるんじゃないですか~。笑

3万円あればソロキャンプデビューできますよ!!

まとめ

以上、予算3万円ソロキャンプ用品を揃えるとしたら、最低限何が必要で何を買うのか?

を、本気で考えてみました。

商品名単価累計金額
OneTigrisのスーパーシェルター2.010,40010,400
OneTigrisの純正ポール2,50012,900
Soomloom レジャーマット2,28015,180
WhiteSeekのシュラフ3,28018,460
LEDランタン93619,396
折りたたみチェア2,18021,576
コンパクトアルミレジャーロールテーブルSサイズ1,98023,556
折りたたみ式コンパクト焚き火台2,30025,856
シングルガスバーナー1,98027,836
100円ショップで買うものまとめ80028,636
1,00029,636
2021年5月時点の価格です
まとめ
  • 3万円で十分ソロキャンプデビューできる
  • 安くても良い商品が豊富
  • 100円ショップと自宅にある物は代用

3万円でこれだけのキャンプ用品が揃えられるんだと、記事をまとめていて改めて驚きました。

本当、ソロキャンプが簡単にできる時代になりましたね。

デビューを躊躇している方、すぐ始められますよ!

楽天 or Amazonでポチポチです。笑

キャンプ沼で日本酒片手にお待ちしております。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました