【役立つロープワーク5選】これだけ覚えておけばキャンプで困る事はありません

CAMPスキル
スポンサーリンク

どうも、ボンです!

キャンプ歴5年の自然と日本酒を愛す男です。

本日は、キャンプで使えるロープワーク5選を紹介していきます。

これだけ覚えておけば、まず困る事はありません。

私もこの5種類の結び方以外使う事はありませんが、困った事はありません。

ロープワークは日頃使わないと忘れてしまうので、ロープを持ち歩いて至る所で練習して変な目で見られましょう!

こんな方におすすめの記事
  • ロープワークを覚えたい
  • 簡単なやり方が知りたい
  • スマートにロープワークをこなしドヤ顔したい

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

1.シベリアンヒッチ(引け解け結び)

まず、最初はシベリアンヒッチ(引け解け結び)です。

これはかなり使いますね

木にロープを縛ったりする時によく使います。

では、最初に木にロープを引っ掛けて2本のロープを手のひらに乗せます。

次に先端を持ち、手のひらを一周させて2本の上をクロスさせます。

次に、先端を下から引っ張り、左手でその紐を掴みます。

輪っかを作るように引っ張り、輪っかと右の紐を引っ張ると強く縛れます。

結び目を持って、木の方にギューッとやれば完成です。

引っ張っても全然解けません。

解く時は、紐の先端を持って引っ張れば簡単に解けます。

2.ボーラインノット(もやい結び)

次にボーラインノット(もやい結び)です。

結び目が固定される結び方です。

まず、最初にひと結び(普通に結ぶような感じで)します。

先端の方をピンと張り、真っすぐになっている事を確認します。

次に先端を下を潜らせて、輪っかに通します。

引っ張ったら完成です。

いくら引っ張っても解けません。

スポンサーリンク

3.マンハーネスノット(鎧結び)

次にマンハーネスノット(鎧結び)です。

ランタンや小物を引っ掛けるのに役立つ輪っかを作る結び方です。

また、次に紹介するトラッカーズヒッチをする際に必要な結び方です。

ロープを中指と薬指(人差し指と中指でもOK)の間に引っ掛けます。

次に、親指と人差し指に引っ掛けて2周させます。

次に、下から輪っかになってる部分を摘まんで引っ張ります。

引っ張った部分を、左手で掴んで引っ張ると完成。

色々な物を引っ掛けちゃいましょう。

4.トラッカーズヒッチ(南京結び)

次にトラッカーズヒッチ(南京結び)です。

木と木の間にギャンギャンにロープを張りたい時に使います。

使う場面としては、タープを張る時なんかが多いですね。

マンハーネスノット(鎧結び)の応用になりますが、普通に引っ張るより3倍のテンションが掛かるので、とにかく強く張りたい時におすすめです。

マンハーネスノット(鎧結び)を作った状態で、張りたい木に引っ掛けます。

一周させたら、マンハーネスノット(鎧結び)の輪っかに紐を通します。

これで引っ張れば、既に3倍のテンションが掛かってます。

バインバインです。

また、より強く張りたい場合は、再びマンハーネスノット(鎧結び)を作って引っ掛けて引っ張れば、5倍のテンションが掛かります。

この後、どう固定するかという事で次のロープワークに移ります。

5.トートラインヒッチ(自在結び)

次にトートラインヒッチ(自在結び)です。

5種類のロープワークの中では一番面倒ですが、自在金具が必要なくなるので覚えておくと役に立ちます。

まず、ひと結び(普通に結ぶような感じで)します。

次に、ひと結びしたところから少し離れたところに、ひと結びからのもうひと結びします。

内側に2回通すイメージ。

次に、外側でひと結びします。

で、ギュッとしたら完成です。

ギュッとなってない…まぁ見逃してください。笑

自在結びというだけあって、緩めたりテンションを強くしたりする事が可能。

ペグにロープを張るときにも、自在金具が必要なくなるので、非常に役に立ちます。

ロープと地面が同色で分かり辛くてスミマセン。

基本的に自在金具を使う方でも、もしもという時に使えるので覚えといて損はないかと思います。

まとめ

以上、キャンプで使えるロープワーク5選でした。

ロープワーク5選まとめ
  1. シベリアンヒッチ(引け解け結び)
    ☞ 引っ張ると簡単に解けるヤツ
  2. ボーラインノット(もやい結び)
    ☞ 結び目が移動しない&固いヤツ
  3. マンハーネスノット(鎧結び)
    ☞ 輪っかのヤツ
  4. トラッカーズヒッチ(南京結び)
    ☞ バインバインに張れるヤツ
  5. トートラインヒッチ(自在結び)
    ☞ 自在金具いらなくなるヤツ

いかがでしたでしょうか?

キャンパーは勿論の事、キャンパー以外でも役立つ時がくるかもしれません。

覚えておいて損は無いので、ロープ片手に遊びに行きましょう!

以上、参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました